個人信用情報機関

個人信用情報機関とは、金融機関の利用情報を管理するところです。消費者金融やクレジットカードなど、金融機関を使うと、個人信用情報機関に情報が記録されます。

 

個人信用情報機関は、消費者の契約内容や返済情報などの情報を収集、蓄積します。こうした情報は個人信用情報と呼ばれます。そして、会員に信用情報を提供しています。

 

会員には、クレジットカード会社や消費者金融などの金融機関、企業があります。個人信用情報機関は消費者金融系、銀行系、信販系などに分かれています。それぞれの会社が会員登録し、消費者から申し込みがあったときに、ここを使って審査を行っています。 

 

企業が個人信用情報機関を使うのは、消費者の過剰融資を防ぐのが目的です。法改正により、やみくもに貸したりすることはできなくなりました。貸す側も、確実に返せる顧客だけを選んで、審査を通す時代になったのです。そんなときに活躍してくれるのが個人信用情報機関です。

 

消費者から申込みがあった場合、まず審査が行われます。即日発行クレジットカードを申込んだからと言って、誰でも即日でカードを手に入れることができるわけではないのです。

 

申込みをして、審査に通るまでしばらく待っていないといけません。いったい何をしているんだろうかと思ってしまいますが、この間、クレジットカード会社は闇雲に待たせているのではなく、信用情報機関に情報を照会し、審査をすすめているのです。